敏感肌に安心の美白化粧品

敏感肌の方におすすめの美白ケア!

敏感肌の方が美白ケアをしたい場合、いくつか注意したい点があります。
通常、敏感肌の方にとって美白化粧品は刺激が強く、なかなか美白ケアで効果を出す事が難しいのです。

なんで?

1.刺激が強い

 敏感肌は角層のバリア機能が低下しているので美白成分が角層の内側まで届いてしまい刺激を感じやすい

2. 美白効果を感じにくい

 バリア機能の低い敏感肌は炎症と酸化が繰り返し起こして過剰にメラニンを生成してしまう。

つまり

 バリア機能を高める事。
 メラニンが生成を抑える事。
 肌に優しく刺激を与えない事。

以上の3つのポイントを抑えたうえで、高い美白効果のある美白化粧品を選ぶ事が大事です。

是非「敏感肌のオススメの美白化粧品ランキング」を参考にしてみてください。

< 敏感肌のオススメの美白化粧品ランキング >

1位 ディセンシアサエル
敏感肌 美白化粧品
まさに敏感肌のために作られた人気の美白化粧品!美白化粧品の3つのポイントを抑えた肌に優しい成分で、メラニンの生成をしっかり抑えてくれます。美白をしながら肌バリア機能を強化する特許技術で外的刺激に強い肌にしていきます。

 詳細はコチラ(公式サイト)

2位 SONOKO
美白化粧品 敏感肌
無添加の天然植物エキスだから肌に優しいSONOKO。
敏感肌用の美白化粧品です。

 詳細はコチラ(公式サイト)

3位 デルメッド
美白化粧品 敏感肌
安心の和漢植物由来の成分で、肌に優しい美白化粧品です。

 詳細はコチラ(公式サイト)

やっぱりディセンシア・サエルがオススメ!

敏感肌の美白化粧品ならサエルがおすすめ。
敏感肌には、特に嬉しい「全額返金保証付き」だから安心

美白化粧品 敏感肌

シミやくすみで悩んでいる女性が多くいますが化粧品を使って目立つシミを消すということはとても難しいです。しかし、最近では美白成分として注目されている高濃度ビタミンCやハイドロキノン、ルシノール、プラセンタエキスなどが配合されている商品が販売されています。ここでオススメする最新美白化粧品も美白成分を配合して驚くほほどの効果が期待できます。一般の化粧品はシミなどの予防対策としてはとても効果が高いのですが、一度出来てしまったシミやくすみを薄くしてくれるという効果はほとんど期待できません。出来てしまったシミを薄くできるのはハイドロキノンという成分です。これは皮膚科や美容整形でも処方されている成分で、国内でも一部の美白化粧品には配合されています。ハイドロキノンはシミの原因となるメラニン色素を抑制する効果があります。ハイドロキノンだけではなく、ハイドロキノンと分子構造が似ているため同様の働きをするとされているルノシールもシミ対策に効果を発揮します。ルノシールはメラニン色素を黒くするチロシナーゼを抑制してくれる働きがあります。どちらの成分も美白効果が高いとされています。さらに酸化されにくい高濃度ビタミンCや新陳代謝を活発にしてくれるプラセンタエキスも美白効果が高いとされています。シミやくすみがなくならないと悩んでいた方も、これらの成分が配合されている最新の美白化粧水を使うだけで、短時間にシミなどを薄くする効果を実感することが出来ます。

コチラの姉妹サイトもオススメ>>http://www.ismams.net/

乾燥肌

あなたの肌はどのタイプ?美白化粧品は?効率的に美白をするためには自分の肌のタイプを知ることがとても大切です。肌のタイプには、皮脂と水分量の違いによって乾燥肌・脂性肌・普通肌の3つのタイプに分けることができます。自分がどのタイプなのか知り、それぞれに合ったお手入れをするようにしましょう。乾燥肌の原因は、皮脂分泌量の低下や水分含有量の低下にあります。人は誰でも年をとってくると皮膚が乾燥しやすくなります。特に女性の皮脂分泌量は20代でピークを迎え、30代以降減少するいっぽうとなります。また、皮脂の減少により皮膚表面にうまく皮脂膜が作れなくなり、水分が蒸発しやすくなってしまいます。
この他にも、睡眠不足やエアコン、ストレスなど日常生活の中には肌を乾燥させてしまう要因がたくさんあるのです。特に、大きな要因として考えられるのが誤ったフェイスケアなんです。クレンジング剤や洗顔フォームには色々な種類がありますが、乾燥肌の方は特に皮脂まで洗い落とすようなものではなく、肌に潤いを残すような刺激の少ないものを選びましょう。最近主流となっているクレンジングオイルは、汚れだけでなく皮脂までとってしまうので、クリーム状のものの方がおすすめです。洗い方も何度も強くこするのではなく、よく泡立て優しくマッサージをするような感じで行うことが大切です。また、朝は洗顔フォームを使わずぬるま湯で洗い流す程度で十分です。洗顔後は、しっかりと美白成分や保湿成分の入った化粧水で肌を整え、更に乳液などで保湿・美白を行うようにしましょう。

脂性肌

皮脂の分泌が過剰で顔が光る程になっている脂性肌の方。脂性肌の方にとっても、洗顔やその後のケアは最も大切なことです。よく泡立てた石鹸や洗顔フォームで全体的に優しく洗い、特にテカリの気になる部分は入念に洗います。ここで大切なことは、脂性肌だからといって必要以上に皮脂を落としすぎないことです。よく洗顔したあとは、やはり化粧水で保湿をしっかりする必要があります。使用する化粧水としてはあまりしっとりし過ぎているものではなく、サッパリとした引き締め効果のあるようなものがおすすめです。脂性肌の中には、目元や口元は乾燥しがちといったように、場所によって皮脂の分泌量が違うタイプの人もいます。これらのタイプを混合肌といい、このタイプの人も必要以上に皮脂を落としすぎないことは必須です。脂性肌と同じように洗顔をし化粧水を塗ったあと、乾燥が気になる部分にはしっかり乳液やクリームを塗りましょう。脂性肌や混合肌の人の中には、「とにかく脂分を取り除くためによく洗う」「化粧水や乳液は必要ない」などと思っている人もいるようですが、それは間違いです。脂っぽいからといって、必要以上に皮脂をとってしまうと不足分を補おうとして、体は更に多くの皮脂を分泌しようとします。そのため、かえって脂っぽくなってしまいます。それを防ぐためにも過剰な洗顔は避け、しっかりと保湿をしておくことが大切なのです。

普通肌

普通肌の方は、皮脂量・水分量ともにバランスがよく理想的な状態ですが、油断は大敵。他のタイプと同じく、クレンジングや洗顔で皮脂の落とし過ぎに気を付け、そのあとは美白成分や保湿成分が入った化粧水と乳液などで丁寧にケアをしましょう。どのタイプの肌であっても、日々のちょっとしたお手入れによって、肌の状態に大きな差が現れます。正しいフェイスケアと自分の肌質に合った美肌化粧品を使うことで、若いころと変わらない美肌をキープすることができるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ